相性良好!イソフラボンと青魚

マメ科の植物に多く含まれるイソフラボン。
豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれている成分としても知られています。
そんなイソフラボンと相性の良い食材が青魚です。
今回は、イソフラボンと青魚の組み合わせ効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

青魚はDHA・EPAが豊富

アジやイワシ、サンマなどの青魚には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。
これらは、どちらもオメガ3脂肪酸と呼ばれています。体内ではほとんど作ることができないため、必須脂肪酸に分類されています。

魚を食べると頭が良くなる、血液サラサラになる、とよく言われますが、これはDHAとEPAの効果によるものです。
ひとまとめにして説明されがちなこちらの2つの成分ですが、実は作用に違いがあります。

DHAは脳の発達に寄与

DHAは脳の中で情報の伝達がスムーズに行われるのを手助けします。
具体的にはニューロンという神経細胞が発した情報を別の神経細胞が受信する力を促進します。

脳内でうまく情報伝達が行わるようになれば記憶力がアップし、学習能力が上がります。
実際にラットを使った実験では、DHAを与えたラットの方が学習能力が高いという結果が出ています。
さらに、近年では認知症の予防効果も期待されています。

成長期のお子さんや認知症が気になるお年寄りの方には積極的に取り入れていきたい成分です。

なお、DHAはEPAと異なり体内で生成することもできます。
しかし、DHAの原料となる成分(α-リノレン酸)は体内で作ることができないため、やはり食事からの摂取が望まれます。

DHAが多く含まれている魚はブリ、サンマなどです。

EPAは血液をサラサラにする

一般的に魚をたくさん食べる人ほど心筋梗塞になりにくいといわれています。
その理由は魚の油に含まれるEPAにあります。

EPAは血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、血栓をできにくくして血液をサラサラにしてくれます。
この効果は長年の研究と実験によって明らかになっており、実際に脂質異常症の治療薬にEPAが配合されているものもあります。

血中の脂肪が増えると血液がドロドロになり、血栓や動脈硬化などのほか、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしてしまいます。

EPAが多く含まれている魚はサバや本まぐろ、まいわしなどです。

美容と健康に役立つイソフラボン

イソフラボンは大豆に多く含まれています。
したがって、豆腐や納豆、油揚げや味噌といった大豆製品を食べることで必然的に体内に取り入れることができます。
和食に使われることの多い食品ばかりですので、日本食が好きな方ならば比較的食事から摂取しやすい成分であるといえます。

抗酸化作用が強い

イソフラボンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持ちます。
抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑制する作用のことです。

活性酸素は必要以上に増えると細胞を酸化させ、老化の原因となります。
お肌ではシワやたるみとして現れ、血管や臓器では動脈硬化や心筋梗塞など生活習慣病の発生に関わります。
さらには癌細胞をも作りだしてしまう恐れもあります。

活性酸素による老化現象から細胞を守るためには、抗酸化作用のある成分を取り入れることが大切です。
イソフラボンを積極的に取り入れれば、抗酸化作用によって細胞の酸化を抑えることができます。

女性ホルモンと同じ働きをする

イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと形がよく似ているために、体内に取り入れるとエストロゲンと同じ働きをします。
これを、エストロゲン様作用といいます。

エストロゲンは妊娠や出産に関わる機能の発達を促すだけでなく、コレステロール値を調整や骨の強化にも関わっています。

このような様々な働きをするエストロゲンと同じような働きをするのがイソフラボンなのです。
イソフラボンを摂取することによって、疑似的にエストロゲンを摂取することができます。

青魚とイソフラボンの組み合わせ

イソフラボンはそれだけでも十分に健康や美容に対して素晴らしい効果を発揮してくれます。
しかしながら、その他の食材と一緒に摂取することで効果をアップさせることが出来ます。

和食とイソフラボンはとても相性の良い組み合わせです。
味噌汁と納豆ごはん、青魚に冷奴といった純和風の献立は味の面だけではなく、栄養素の組み合わせとしても理にかなった献立です。

脂肪酸の酸化を防いでくれる

DHAやEPAは酸化しやすい特徴も持っており、せっかく摂取しても体内で酸化してしまうケースもしばしばです。
せっかく青魚を食べても酸化してしまっては、十分な健康効果を発揮することはできません。

そこでイソフラボンとの組み合わせです。
イソフラボンには、強い抗酸化作用が認められています。
抗酸化作用によって、DHAやEPAの酸化を防ぐことが出来ると期待されています。
青魚から摂取した成分に対しても酸化を防ぐ効果を発揮し、オメガ3脂肪酸の働きを促進させてくれます。

カルシウムの流出を防ぐ

青魚にはDHAやEPAだけではなく、カルシウムも豊富に含まれています。
カルシウムが骨を丈夫にしてくれる働きを持っていることは、多くの人が知っている効果ですね。

エストロゲンは骨が作られるのを促進する一方で、古い骨が破壊されるのを抑える働きがあります。

これらの効果から、青魚とイソフラボンの両方を摂取することによって、より強い骨の形成に役立ってくれるということは想像に難くないでしょう。

特に女性は閉経後に急激に骨密度が低下してしまいます。
骨粗鬆症の予防に、青魚とイソフラボンの組み合わせはぴったりです。

相乗効果で血液を健康に

前述の通りEPAには血中の中性脂肪を減らす効果があります。
また、女性ホルモンは血中のコレステロールの量を調整し、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
そのため、エストロゲン様作用を持つイソフラボンも悪玉コレステロールの減少に寄与します。

心筋梗塞や動脈硬化といった血管の病気を防ぐためには、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールの値を下げることが大切です。
青魚は中性脂肪の面から、イソフラボンは悪玉コレステロールの面から、血管の健康維持に貢献してくれます。

青魚とイソフラボンは、健康面からも非常に良い組み合わせです。
朝食の定番メニューに大豆製品と魚を取り入れた日本人の朝食には、驚きを隠せません。

現在は、欧米諸国の食文化が取り入れられ、純和風の食事が減っていると言われています。
洋食が普及し和食から離れがちな若い世代にも、昔ながらの日本人の食事の素晴らしさを伝えていきたいものですね。

毎日の青魚とイソフラボンで、美容と健康の両方を手に入れていきましょう。

ページのトップへ戻る