イソフラボンとコレステロール

コレステロールと聞くと良いイメージを浮かべる人は少ないのではないでしょうか。
ドロドロ血液や血栓の素になる成分として注意喚起されているイメージですね。
今回ご紹介するのは、イソフラボンが持っている「コレステロールに対する優れた健康効果」です。

コレステロールは悪者ではない

コレステロールとは脂質の一種です。
悪者のように言われるコレステロールですが、正しい血液濃度であれば何も問題はありません。
まずはコレステロールが体の中でどんな働きをするのかを知りましょう。

体になくてはならないHDLコレステロール

コレステロールが紹介されるとき、まるで悪いものの様に紹介されることが多いですが、実は人間の体にとっては無くてはならない大切なものです。

コレステロールは身体を構成する基本的な物質で、細胞膜を作る材料として利用されます。
他にも、身体の成り立ちや働きを調整する「ホルモン」や「骨」の材料として生成される「ビタミンD」の材料としても活用されます。さらに、脂肪分の分解と吸収を助けてくれる胆嚢から分泌される「胆汁酸」の材料にもなります。

こういった体にとって不可欠な働きをするのがHDLコレステロール、通称善玉コレステロールです。

気を付けるべきはLDLコレステロール

善玉コレステロールに対して悪玉コレステロールと呼ばれているのがLDLコレステロールです。

悪玉コレステロールは肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ働きがあります。
前述の通りコレステロールは脂質ですので、血中の悪玉コレステロールが増えすぎると血流が悪くなってしまいます。
血流が悪くなると動脈硬化が起こり、最悪の場合は血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞という恐ろしい病気を引き起こしてしまいます。
悪玉コレステロールが増えすぎる原因は不規則な生活や偏った食生活です。
コレステロール値を下げようと思ったときは、まず下げるべきは悪玉コレステロールであり、何が原因で数値が上がってしまったのかをきちんと理解しましょう。

イソフラボンで悪玉コレステロールを撃退

イソフラボンはホルモン様物質です。
ホルモン様相物質とは、ホルモンとは全く異なる物質だけれどホルモンと同等の働きをしてくれる物質です。
イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た分子構成をしており、身体がイソフラボンをエストロゲンと勘違いする事で効果を発揮してくれます。

増えすぎたコレステロール、とりわけ酸化した悪玉コレステロールは、血栓の原因として知られています。
この悪玉コレステロールの代謝を促進させるのがエストロゲンです。

つまり、イソフラボンのエストロゲン様作用によって悪玉コレステロールの増加を緩めることができるのです。

抗酸化作用でコレステロールの酸化を防ぐ

悪玉コレステロールが血管内部にこびり付く要因は、肝臓から送り出される「活性酸素」によるものです。
本来ならば活性酸素は、血液内に溶け込んだ有害物質を駆除してくれる機能を持っています。
しかし、活性酸素の濃度が上昇すると有害物質以外の細胞を攻撃してしまい、正常な血管細胞をも攻撃してしまいます。
悪玉コレステロールも活性酸素の影響を受けて酸化してし、血管壁を傷つけ結果として血栓や動脈硬化の原因となってしまうのです。

活性酸素の減少について、ポリフェノールの持つ抗酸化作用が効果を発揮してくれると言われています。
イソフラボンは、そのポリフェノールの一種です。
つまり、イソフラボンには悪玉コレステロールの酸化を防ぐ効果が期待されているのです。
抗酸化作用によって活性酸素量を適正量に調整する効果を発揮してくれます。。
さらに、血管を柔らかくしなやかし、悪玉コレステロールが血管内部にこびり付く可能性を低くすることが出来ると期待されています。

善玉コレステロールも悪玉コレステロールも人間にとって必要不可欠な成分です。
増えすぎても減り過ぎても健康に良くありません。
どちらのコレステロールも基準値の中に収まることが大切です。

イソフラボンの抗酸化作用やエストロゲン様作用によって、正しいコレステロール値を維持する事ができれば、動脈硬化や血栓などの病気の可能性を低くすることができると期待されているのです。

ページのトップへ戻る