イソフラボンでスキンケア

美肌効果やアンチエイジングに効果を発揮してくれると言われている「イソフラボン」
経口摂取によるスキンケアにも肌に塗布するスキンケアにも、様々な効果を発揮してくれます。
今回は、イソフラボンによるスキンケア効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

保湿力に効果を発揮

ポリフェノールの一種として知られているイソフラボンはマメ科の植物に多く含まれていることが分かっています。特に有名なのが大豆イソフラボンです。醤油や味噌などの調味料や、豆腐や納豆といった様々な食材に含まれています。

様々なメディアや書籍で紹介されているイソフラボンの中で、保湿力に効果を発揮してくれると言われているのが「豆乳由来のイソフラボン」です。
これは、豆乳を発酵させる過程でできる保湿成分「豆乳発酵液」にイソフラボンが含まれていることが理由です。
豆乳発酵液の保湿力は、様々なスキンケア商品に利用されており、その保湿効果は多くの女性から評判通りと支持を得ています。

イソフラボン配合の乳液や洗顔など、用途によって種類も豊富にラインナップされており、そのどれもに保湿力アップの効果があると言われています。

イソフラボンがスキンケアに良い理由

イソフラボンの効果として紹介されるものの中に、弾力がありスベスベなお肌になれる効果があります。その理由として、イソフラボンが女性ホルモンエストロゲンに形が似ていることがあります。
レセプターというエストロゲンの受け皿が、イソフラボンをエストロゲンと勘違いして結合します。その結果、イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをするのです。

もっちり弾力とスベスベお肌を作る

女性ホルモンにはコラーゲンとヒアルロン酸を補填する働きがあります。
コラーゲンは皮膚の真皮という部分に存在し、肌に強度とハリを与えています。そして、そのコラーゲンの間を水分を抱えて満たしているのがヒアルロン酸です。コラーゲンやヒアルロン酸が低下すると肌の弾力が低下し乾燥がちになります。やがて、しわやたるみとして皮膚の表面に現れてしまいます。
そうならないためには積極的にコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す必要があります。

女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンにもコラーゲンやヒアルロン酸を作りだす動きがあります。
そのため、イソフラボン摂取でもっちりしたお肌の弾力とスベスベした赤ちゃん肌を実現できると期待されています。

透き通るような白い肌を実現できる

イソフラボンのもうひとつの特徴として、美白効果も期待されています。

美白の大敵であるシミやくすみは、紫外線によって活性化されたメラニン色素が原因です。

肌が紫外線による刺激を受けると活性酸素が発生します。活性酸素は増えすぎてしまうと体に悪影響を及ぼすため、活性酸素のダメージから肌を守るためにメラニン色素が作られます。こうして作られたメラニン色素がシミやくすみとして肌に現れるのです。

イソフラボンには、メラニン色素によって濃くなってしまった肌を白く戻してくれる効果があると言われています。イソフラボンは強い抗酸化作用をもつポリフェノールの一種です。シミの原因となる活性酸素を減らしてくれます。

この効果も美白効果を発揮してくれるスキンケア商品に応用されており、イソフラボン配合の美白洗顔液などとして販売されています。

食べても塗っても美肌効果

スキンケアと言えば、手にとって顔や腕などに塗布する用途を思い浮かべますが、イソフラボンは食べてもスキンケア効果を発揮してくれます。食材やドリンク、サプリメントなどにもイソフラボン配合の商品があり、女性に嬉しいスキンケア効果が期待されています。

ドリンクやサプリメントへのイソフラボン配合は当然として、イソフラボンが含まれる天然食材の代表格は「大豆」です。
味噌や醤油などの調味料にもイソフラボンは含まれています。豆乳をそのまま飲むのも効果的です。

大豆から摂取したイソフラボンには、エストロゲンと同じように働き、女性らしい柔らかな肌を維持する効果を発揮してくれます。
さらに、抗酸化作用により血液の状態をサラサラにしてくれる効果も発揮してくれることから、細胞への栄養運搬が促進され、新陳代謝が促されます。

塗ってよし食べてよしのイソフラボンは、高い保湿力と弾力、スベスベ肌を実現してくれる成分として期待されています。

注意したいのは、短期間で効果を得られるようなものでは無いこと。医薬品ではないので当然の話です。毎日続けることでその効果を発揮し続けられるといわれています。
毎日のイソフラボンでスキンケア、始めてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る