イソフラボンの過剰摂取に注意

高い保湿力でしっとりとした肌を保ってくれるイソフラボン配合の美容商品。美容クリームやサプリメントなど様々な商品が販売されていますが、過剰摂取に注意が必要であることをご存知でしょうか。
今回は、イソフラボンの過剰摂取について、皆さんにご紹介させて頂きます。

過剰摂取はホルモンバランスを崩す

イソフラボンやエストロゲンサプリメントが効果を発揮するメカニズムは、女性ホルモンと同じ働きや活性化によるものです。
「女性ホルモンと同じ働きや活性化」の効果は、ホルモンバランスに影響を与えることで実現しています。
つまり、エストロゲンを摂取し過ぎると、女性ホルモンのホルモンバランスを崩してしまうリスクが発生してしまうのです。

イソフラボンはエストロゲンと似たような作用を持っています。イソフラボンの過剰摂取もやはり女性ホルモンのバランスを崩してしまう恐れがあるため、イソフラボンも過剰摂取を控えるように注意が促されています。

具体的にどのような症状が現れるの?

イソフラボンの過剰摂取によって、女性ホルモンのバランスが崩れると、様々な症状が現れると考えられています。
そのいくつかをご紹介しましょう。

生理痛の悪化

イソフラボンによってエストロゲンの分泌が必要以上に増加すると、生理痛やPMSが重くなる可能性があります。

女性特有の病気につながることも

乳がんや子宮内膜症、子宮がんといった女性特有の病気に深く関わっているのが女性ホルモンです。
大量にイソフラボンを摂取することで女性ホルモンが崩れると、このような女性ホルモンと関りが強い病気の原因になることも否定はできません。実際に乳癌や子宮内膜症などの症状に繋がる可能性が指摘されています。

その一方で、大豆製品を食べる機会が多い地域ほど乳がんのリスクが低くなるという研究データもあります。
適切な量を守る分にはむしろ病気の予防に役に立つ可能性があります。

ニキビや肌荒れ

ホルモンバランスが崩れることで、ニキビなどの肌症状が現れる場合もあります。
ニキビなどの症状を緩和するためにイソフラボンを摂取する女性も多いのですが、過剰摂取によってニキビが出来てしまっては本末転倒です。

肝機能が低下している時は要注意

あまり知られていませんが、疲労などにより肝機能が低下している状況で、エストロゲンが過剰に分泌される場合があります。
これは、エストロゲンが肝臓で代謝される成分だからです。肝臓の疲労によって稼働率が下がると、肝臓の代謝が低くなり、エストロゲンの分泌が促されると考えられています。
その上で大量のイソフラボンを外部から摂取することで、エストロゲン過多になってしまう恐れがあります。
まずは肝臓を労り、疲れにくい肝臓を意識することで、過剰なエストロゲンの分泌を防ぎましょう。
肝臓の疲労には、タウリンなどの成分の摂取が効果的です。

適量を守って美しい肌に

イソフラボンを配合している健康食品や化粧品には、必ず利用方法や一日の摂取量が記載されています。
内閣府の「食品安全委員会」が公表している大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値は、70〜75mg/日とされています。(2017年12月現在)。

日本人は、「多いことは良いことだ」という理論になりやすいと言われていますが、ついつい沢山の量を利用している方々も多いのではないでしょうか。
何事も適量ならば正しい効果を得られるのですが、適量以上に過ぎると悪い方向に効果が現れる可能性が出てきます。
適量を守って健康的な美しさを手に入れましょう。

ページのトップへ戻る