イソフラボンのメリット

美容成分として人気の高いイソフラボン。そのメリットとはどのような物があるのでしょうか?
ズバリ、イソフラボンの最大のメリットは「継続して摂取しやすい」ということにあります。
では、なぜイソフラボンは継続して摂取するのが容易なのか、皆さんにご紹介させて頂きます。

含まれてる食品が多い

イソフラボンは珍しい成分ではなく、比較的多くの食材に含まれている成分です。
特に多いのはマメ科の植物であり、代表格は大豆です。そのため、納豆や豆乳といった大豆から作られた食品にはイソフラボンが含まれています。調味料では、醤油やお味噌にも含まれています。
特定の食べ物にしか存在しないような珍しいものではなく、比較的手軽に摂取できる強みがあります。

サプリメントなどに頼らなくても、様々な食材から食事で取り入れることができるということは大きなメリットです。

様々な栄養素と同時に摂取できる

イソフラボンによる美容健康効果は、誰でも簡単に手軽に始められるだけではなく、様々な栄養素と同時に摂取できるメリットがあります。
イソフラボンが様々な食材に含まれており、手軽に摂取できる成分であることはすでに紹介させて頂きました。
それらの食材の多くは、栄養面にも優れている特徴があります。

イソフラボンの代表格である大豆は栄養価が高く、イソフラボン以外にも必須アミノ酸を含む豊富なタンパク質があげられます。
その他にも糖質、炭水化物、食物繊維、カリウムやカルシウム、鉄や亜鉛など、美容と健康に役立つ多くの栄養素が含まれています。
大豆から作られた豆腐は、骨や歯のもとになるカルシウムや、血圧を安定させるカリウムといったミネラルが豊富です。
納豆には鉄分や食物繊維が含まれています。

このように、大豆製品からイソフラボンを摂取すれば、イソフラボン以外の様々な栄養素も同時に得ることができるのです。

毎日続けやすい

イソフラボンを含む食材は、大豆製品だけに絞ったとしてもシンプルで美味しいものが多くあります。
これは、単純な味変えではありませんので、毎日続けやすいというメリットがあります。

シンプルな味の大豆は、オヤツ感覚で食べられる食材として親しまれています。
大豆由来の豆乳は甘くて飲みやすく、さらに美容効果と健康効果を両方得られる飲料として、多くのメディアや書籍で紹介されています。
味噌や醤油と言った調味料は、和食を中心に様々な料理に利用されますので、イソフラボンを手軽に沢山の料理で摂取することが出来ます。

様々な料理や食材に変化する大豆製品ですから、味に飽きること無く毎日続けられるメリットを得られます。
健康食品は継続することが重要ですから、これは大きなメリットではないでしょうか。

せっかく優れた健康食品でも、過剰摂取すると害になる可能性もありますから、注意が必要です。
内閣府の「食品安全委員会」が公表している大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値は、70〜75mg/日とされています。(2017年12月現在)
適量を心がけ、継続的にイソフラボンを摂取すれば、多くのメリットを感じられるはずです。
毎日のイソフラボン、今日から始めてみませんか?

ページのトップへ戻る