イソフラボンが髪に良い理由

美しくしなやかで光り輝く髪質。
女性ならだれでも憧れる美髪を実現するために、イソフラボンが効果を発揮してくれます。
今回はなぜイソフラボンが髪の毛に良いのかについて、皆さんにご紹介させて頂きます。

髪に影響を与える イソフラボンとは?

イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と同様の効果を発揮してくれると言われています。
この働きは、エストロゲン様作用と言われており、髪に対して様々な効果を与えると考えられています。

性ホルモンの働きと髪

「頭髪以外の体毛やヒゲが濃いのは、男性ホルモンの分泌量が多いから」という理由を聞いたことがあるでしょうか?
性ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンが含まれており、そのバランスによって、女性は女性らしく、男性は男性らしく身体が変化します。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れた時、様々な異変が身体に現れ始めます。その中の一つに髪の毛への影響があります。
その理由は、女性ホルモンが髪の毛の成長に大きく作用するからです。

ホルモンと美髪の関係

ホルモンとは体内で分泌される物質の一つです。
人間の体の中で化学反応を起こし、ごく少量のホルモン量で様々な身体の働きに影響を与えます。
ホルモンは主に膵臓や生殖細胞、腎臓や骨髄、脳の中で生成・分泌されます

極少量で効果を発揮してくれるホルモンですから、イソフラボンによるエストロゲン様作用によって、優れた美髪効果が期待されているのです。

女性ホルモン(エストロゲン様作用)による美髪効果

記事の最初に紹介した「頭髪以外の体毛やヒゲが濃いのは、男性ホルモンの分泌量が多いから」についてですが、これは男性ホルモンの影響によるもので間違いありません。
そう考えれば、男性ホルモンの分泌量を増やせば、健康的な頭髪を手に入れられるのではないかと考えてしまいますが、そうではありません。
美髪には女性ホルモンの働きの方が大切なのです。

髪への作用は男性ホルモンよりも女性ホルモン

男性ホルモンが作用するのは、あくまでも頭髪以外の「体毛」であると言われています。
男性ホルモンの分泌が多い男性は、腕や足の毛が濃くなっているのは周知の事実ですね。
しかし、必ずしも男性の頭髪が豊かになっているかというとそうではありません。

実のところ、重要なのは女性ホルモンであるエストロゲンです。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、髪の毛の成長を促し成長する期間を持続する効果が認められています。

女性ホルモンによる健康的な髪の生成

髪の毛の成長を促し、成長期間を持続してくれると言われているエストロゲン。
その作用によって、頭髪に良い影響を与えられると期待されています。

女性ホルモンによる美髪生成促進効果

近年の研究により、頭髪の頭頂部から耳あたりまでの範囲にある頭髪について、女性ホルモンの影響による成長促進効果がある事が分かってきました。
頭髪全体に影響するわけではありませんが、女性ホルモンの分泌が多いほど、頭頂部から耳あたりの範囲にある頭髪の成長が促され、新しい髪が生えてくると考えられています。
頭頂部から耳あたり以外の部分については、甲状腺ホルモンと呼ばれる別のホルモンのほうが影響力が強いと言われています。

美しい髪は女性ホルモンで生み出される

このように書くと、頭髪に対する女性ホルモンの影響は狭い範囲ではないかと思ってしまいますが、そうではありません。
女性の髪の目に見えている部分は、頭頂部から耳のあたりまでの頭髪が伸びた物です。
つまり、女性ホルモンの影響を受ける部分の頭髪が、他人の目に映る部分の大半を占めています。
従って、美髪効果を得たいなら、女性ホルモンの分泌量を増やし、見た目に映る範囲の頭髪に対して美髪効果を得なければなりません。

イソフラボンを摂取することで女性ホルモンの分泌量を増やし、健康的な髪の生成が促されると考えられています。

毎日のイソフラボンで美しい髪を

いかがでしたでしょうか。
エストロゲンは、20代〜30代が分泌のピークであると言われており、それ以降は減少すると言われています。
毎日のイソフラボンを続けることで、エストロゲンの減少を抑止することができ、美しい髪を維持することに繋がると考えられています。

健康的な髪はトリートメントやキューティクルの効果が高く発揮できると言われており、光り輝く綺麗な髪を実現できます。
イソフラボンによる美髪効果、試してみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る