イソフラボンでイライラ解消

なんだかわからないけれどイライラする。そんなことってありますよね?そんなイライラをイソフラボンが緩和してくれる可能性が見つかっています。
今回は、イソフラボンによるイライラ解消について、皆さんにご紹介させて頂きます。

イライラは自律神経に深く関わる

イライラとくれば自律神経。その関係は、様々な書籍やメディアで紹介されています。特に女性に多い症状として紹介されるのが更年期障害ですね。

自律神経のバランス悪化は、精神的なストレスや肉体的な疲労など様々な要因が考えられます。
「様々」と表現されるように、イライラに対して効果的な解決方法は確立されておらず、多角的な緩和が研究されているのが現状です。

そんな研究の中の1つにイソフラボンがあります。

イライラ解消に繋がるイソフラボンの効果

イライラの原因として考えられるのは、日常生活の中で感じるストレスや肉体的な疲労です。
イソフラボンはこれら二つの原因を解消する作用を持っています。

ストレスに強い身体を手に入れる

イソフラボンを定期的に摂取することで、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れ難い状態になると考えられています。この自律神経の調整作用は、日常生活のストレスによって感じるイライラを抑えてくれる効果が期待されます。
ストレスを溜め込み過ぎると、自律神経失調症になる可能性もあります。ひどい症状が出る前に、イソフラボンによる早めのケアが求められます。

疲労にも効果を発揮

また、肉体的な疲労にもイソフラボンが効果を発揮してくれます。
イソフラボンの抗酸化作用により新陳代謝が促され、エネルギーを効率よく生成できると考えられています。
エネルギッシュな状態にあれば、疲れを感じにくくなり、疲れによるイライラを軽減できそうです。

イソフラボンを効果的に吸収するには

イライラしにくい体になる、またはイライラしている状態を緩和したいならば効率的なイソフラボンの吸収が必要です。
では、どのようにすればイソフラボンを吸収しやすくできるのでしょうか。

近年の研究では、イソフラボンの吸収を腸内で促進させる方法が模索されています。
その理由は、イソフラボンに含まれる成分が、腸内細菌によって「エクオール」と呼ばれる物質に変換される働きにあります。
このエクオールは、イソフラボンの状態よりも作用の強い成分であると言われており、エクオールを沢山腸内で生成できれば、イライラを効率的に治めることが出来ると考えられています。

しかしながら、エクオールの生成量には個人差があり、同じ量のイソフラボンを摂取しても人によって効果が異なってしまいます。
過剰摂取に注意しなければなりませんが、サプリメントやドリンクでイソフラボンを補えば、エクオールの生産量が少なかったとしても、その働きを補うことができます。

イライラ解消とくればカルシウム。そんな話はもう古いですね。
イライラとくればイソフラボンです。
イソフラボンを定期的に摂取することで、自律神経を整え、美しさと落ち着きを兼ね備えた魅力的な女性になれそうです。
イソフラボンでイライラに強い自分を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る