イソフラボン配合のクレンジング

ポリフェノールの一種として知られるイソフラボン。
高い抗酸化作用や女性ホルモンと同様の働きなど、特に美容効果について紹介される事の多い成分です。
そのイソフラボンは様々な化粧品の材料として取り入れられており、イソフラボン配合のクレンジングも販売されています。
今回は、イソフラボン配合のクレンジングについて、その効果・効能を皆さんにご紹介させて頂きます。

イソフラボンは保湿力を上げる

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに形がよく似ているため、体内に取り込まれるとエストロゲンに似た働きをします。
エストロゲンは肌のハリや保湿に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を作りだします。
つまり、イソフラボンで疑似的にエストロエンを摂取することによって、美肌効果が期待できるのです。

肌に水分を保持できず、乾燥してしまうと、肌の角質層が壊れやすくなり、皮膚が弱くなってしまいます。
保湿は美肌作りにとってとても重要な要素です。

クレンジングにこそお肌に優しいイソフラボン

できるだけさっぱりと、でも肌荒れせずに洗い流したい。
そんな願いを叶えてくれるのがイソフラボン配合のクレンジングです。

女性の肌は、お化粧をしている時よりも、お化粧を落とす時の方が肌に負担がかかると言われています。
最近の化粧品は汗や雨などの水分に強い製品が多く、水に溶けにくい製品もしばしばです。頑固なメイクをしっかりと落とすために洗浄力の強いものを選んでしまうと、逆にお肌にダメージを与えてしまう恐れもあります。

それらを考慮すると、皮膚への負担を極力減らすクレンジングを選ぶことはとても重要です。

そこでオススメするのがイソフラボン配合のクレンジング。その中でも、クレンジングミルクタイプが肌に優しく洗えると評判です。

自分に合ったクレンジングのタイプを

一口にクレンジングといってもその種類は様々です。クレンジングの形状が変われば当然洗浄効果や美容効果も異なってきます。
自分の肌に合ったクレンジングを選びましょう。

敏感肌の方にはミルクタイプ

クレンジングミルクタイプは、他のタイプに比べて油分と水分のバランスが良く、界面活性剤が控え目なのが特徴です。界面活性剤が多くなれば洗浄力は高くなりますが、その分肌への負担も高くなります。

界面活性残が少ないクレンジングなら、皮膚への負担も軽減されます。そこにイソフラボンを配合することで、保湿力のアップが見込まれます。
油分と水分のバランスによって、ミルクならではの易しい肌触りとなり、イソフラボンによる保湿効果が発揮されれば、弾力と潤いのあるお肌になれると期待されています。

洗浄効果を期待したいならオイルクレンジング

洗浄力による肌荒れが気にならないのならば、しっかりとした洗浄効果を得られるクレンジングを選ぶことができます。
イソフラボン配合のオイルクレンジングは、しっかりとした洗浄効果を発揮しながら、保湿力を高めてくれる効果が認められています。
洗浄力を重視するオイルクレンジングは、ウォータープルーフマスカラや日焼け止めクリームなどの、落ちにくいメイクをしっかりと落とす洗浄力を持っています。
それでいて肌がつっぱらず、洗いあがりがスベスベするのが特徴です。

メイクだけではなく、古い角質や油脂などをしっかりと洗い落としてくれますから、お肌の新陳代謝にも有効であると考えられています。

保湿効果を持つイソフラボンを配合したクレンジングを選択することで、しっかりと洗浄しながらも保湿効果の高いケアができます。
お肌を守りながら気持よく洗い流す。
イソフラボン配合のクレンジング、試してみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る