イソフラボンでバストアップ

高い美容効果で人気を博しているイソフラボン。
そのイソフラボンがバストアップにも効果を発揮してくれることをご存知でしょうか。
今回は、イソフラボンのバストアップ効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

バストアップに重要なのはエストロゲン

女性が女性らしくあるためのプロポーションを形作るきっかけは、女性ホルモンの働きにあります。
当然、豊満なバストも女性ホルモンの働きが影響していると考えられています。

個人差はありますが、少なくとも女性ホルモンのバランスによって人それぞれのサイズや形に変化が訪れることは間違いありません。
その女性ホルモンに影響し、女性ホルモンと同様の働きを見せてくれる成分、それがイソフラボンなのです。

バストアップの仕組み

イソフラボンによってバストアップはあり得るのでしょうか?
その答えは「Yes」です。
イソフラボンにはエストロゲン様作用と呼ばれる働きがあり、その働きがバストアップに繋がると認められています。

具体的に説明しましょう。

バストアップ効果を得る一つの方法は、女性ホルモンの分泌を促し、女性らしいプロポーションの発達を促進させることです。
その女性ホルモンのうちの一つがエストロゲンです。
エストロゲンは、乳腺組織を発達させる働きがあり、乳腺組織の発達によってバストのハリと大きさが大きく変化すると言われています。

上記で紹介したイソフラボンの「女性ホルモンに影響し、女性ホルモンと同様の働きを見せてくれる」働きのことを、エストロゲン様作用と呼びます。
イソフラボンとエストロゲンは全く別の物質ではありますが、イソフラボンがエストロゲンと同様の働きをすることで、エストロゲンと同じように乳腺組織にバストアップの影響を与えてくれます。

これがイソフラボンによるバストアップのメカニズムです。

バストアップにオススメな大豆食品

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているため、サプリメントなどに頼らなくても手軽に取り入れることができるのがメリットです。さらに、大豆にはたんぱく質が豊富に含まれているため、バストを支えるための筋肉の強化に役立ちます。

商品によって多少の差はありますが、100gあたりに含まれているイソフラボンの凡その量は以下の通りです。

このように様々な商品にイソフラボンが含まれていますが、意外にも最も多く含まれているのはきな粉です。
豆乳にきな粉を混ぜたドリンクならば、特に調理器具や火を使うことなく毎日手軽にイソフラボンが摂取できます。

和食には豆腐や醤油といった大豆食品が使われているため、和食を中心とした食生活を毎日続けても良いでしょう。

イソフラボンによるバストアップ効果について紹介させて頂きましたが、さらに効果をアップさせるための方法をご紹介します。
それは、規則正しい生活と食事です。

至極当たり前の話ではありますが、これは非常に重要です。
なぜなら、ホルモンバランスは日常生活の在り方で様々に変化する特徴を持っているからです。
ストレスや睡眠不足、偏った食生活など身体に負担がかかるような日常生活の場合、ホルモンバランスが崩れて体調を崩すこともあります。
さらには、ニキビなどの皮膚に症状の他にバストダウンする場合もあると言われています。

規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事を維持することは難しいですが、それを維持できればイソフラボンの効果をさらに得ることができます。

毎日のイソフラボンと規則正しい生活でバストアップを目指してみましょう。

ページのトップへ戻る